.
 「オドデ」さま
 DATA
名 称 「オドデ」さま(「おどで」さま)
出身地 岩手県九戸郡九戸村
モデル オドデ様
通 販 可(電話注文のみ)
販売元 小笠原菓子舗
 特徴・エピソードなど
 ・九戸郡の民話に登場する幸福の守り神「オドデ」様をモチーフとしたサブレ。「オドデ」様は上半身がフクロウで下半身が人間の形をした神様。
 ・グラニュー糖と甘茶で甘みをつけているため、素朴で優しい味がする。
 オフショット
オドデさまの滝にあるオドデさま像。
.
 ヨゲンノトリクッキー プレーン(ハグミトン)
 DATA
名 称 ヨゲンノトリクッキー プレーン
(よげんのとりくっきー ぷれーん)
出身地 石川県金沢市
モデル ヨゲンノトリ
通 販 可(現在注文過多のため受付不可)
販売元 ハグ・ミトン・ワークス
 特徴・エピソードなど
 ・金沢市にある洋菓子店でコロナウイルス退散を願って作られた鳥型のクッキー。
 ・「ヨゲンノトリ」は江戸時代にコレラ流行を予言したとされる霊鳥。2つの頭を持つこの鳥の姿を朝夕に拝めば疫病退散の効果があるという言い伝えがある。
 ・軽い甘みの中に少し塩気を感じる程よい味。「サチアレ!」と書かれた見た目もかわいらしい。
 ・パッケージは地元企業「松原紙器製作所」の活版印刷によるレトロなデザイン。
 オフショット
ハグミトンワークス。 地元企業による活版印刷のパッケージ。
.
 ヨゲンノトリクッキー 竹炭(ハグミトン)
 DATA
名 称 ヨゲンノトリクッキー 竹炭
(よげんのとりくっきー たけすみ)
出身地 石川県金沢市
モデル ヨゲンノトリ
通 販 可(現在注文過多のため受付不可)
販売元 ハグ・ミトン・ワークス
 特徴・エピソードなど
 ・金沢市にある洋菓子店でコロナウイルス退散を願って作られた鳥型のクッキー。
 ・「ヨゲンノトリ」は江戸時代にコレラ流行を予言したとされる霊鳥。2つの頭を持つこの鳥の姿を朝夕に拝めば疫病退散の効果があるという言い伝えがある。
 ・真っ黒い色でほんのり竹炭の香り、その中に刻んだアーモンドが香ばしい。「サチアレ!」と書かれた見た目もかわいらしい。
 ・パッケージは地元企業「松原紙器製作所」の活版印刷によるレトロなデザイン。
 オフショット
ハグミトンワークス。 地元企業による活版印刷のパッケージ。
.
 ヨゲンノトリクッキー(工房STANGL)
 DATA
名 称 ヨゲンノトリクッキー
(よげんのとりくっきー)
出身地 山梨県山梨市
モデル ヨゲンノトリ
通 販 不可
販売元 工房STANGL(スタングル)
 特徴・エピソードなど
 ・山梨市にある焼菓子店でコロナウイルス退散を願って作られた鳥型のクッキー。
 ・「ヨゲンノトリ」は江戸時代にコレラ流行を予言したとされる霊鳥。2つの頭を持つこの鳥の姿を朝夕に拝めば疫病退散の効果があるという言い伝えがある。
 ・店はオーストリア人の旦那さんと日本人の奥さんの夫婦による経営。オーストリアを主とした欧風焼菓子をメインにマルシェなどで移動販売している。
 オフショット
工房STANGLのマーク。
.
 ヨゲンノトリクッキー(パセオ)
 DATA
名 称 ヨゲンノトリクッキー
(よげんのとりくっきー)
出身地 長野県松本市
モデル ヨゲンノトリ
通 販 不可
販売元 ホテルショップ&ペストリー パセオ
 特徴・エピソードなど
 ・松本市のホテル内にある焼菓子店でコロナウイルス退散を願って作られた鳥型のクッキー。
 ・「ヨゲンノトリ」は江戸時代にコレラ流行を予言したとされる霊鳥。2つの頭を持つこの鳥の姿を朝夕に拝めば疫病退散の効果があるという言い伝えがある。
 ・疫病退散を予言した妖怪「アマビエ」のデザインクッキーと共にセットで販売。
 ・発売期間はコロナ終息まで。
 オフショット
ホテルブエナビスタ松本。 アマビエとセット販売。
.
 ヨゲンノトリクッキー(さがら)
 DATA
名 称 ヨゲンノトリクッキー
(よげんのとりくっきー)
出身地 山梨県山梨市
モデル ヨゲンノトリ
通 販
販売元 さがら作業所
 特徴・エピソードなど
 ・牧之原市にある障害者支援施設「さがら作業所」でコロナウイルス退散を願って作られた鳥型のクッキー。
 ・「ヨゲンノトリ」は江戸時代にコレラ流行を予言したとされる霊鳥。2つの頭を持つこの鳥の姿を朝夕に拝めば疫病退散の効果があるという言い伝えがある。
 ・作業所運営の「喫茶ルヴェール」インターネット支店で通販が可能。
 オフショット
NPO法人こころ さがら作業所。
.
 すすきみみずくサブレー
 DATA
名 称 すすきみみずくサブレー
(すすきみみずくさぶれー)
出身地 東京都豊島区
モデル みみずく
通 販 不可
販売元 御菓子司 紅谷
 特徴・エピソードなど
 ・雑司ヶ谷の鬼子母神にまつわる伝説「すすきみみずく」をモチーフとしたサブレ。
 ・「すすきみみずく」の伝説はこういうお話。昔むかし、病の母を持つ貧しい娘・くめが雑司ヶ谷の鬼子母神に祈ったところ、くめが見る夢の中に鬼子母神が現れ「ススキの穂でみみずくを作りそれを売って薬代にしなさい」と告げられる。そこでくめがお告げどおりにしたところ、みみずくは飛ぶように売れ薬代ができたという。
 オフショット
すすきみみずく。 名称も登録商標。
.
 コタンコロカムイサブレ
 DATA
名 称 コタンコロカムイサブレ
(こたんころかむいさぶれ)
出身地 北海道白老郡白老町
モデル コタンコロカムイ
(エゾシマフクロウ)
通 販 不可
販売元 白老アイヌ協会
 特徴・エピソードなど
 ・アイヌ神話に出てくる守り神のコタンコロカムイ(エゾシマフクロウ)をモチーフに作られたサブレ。
 ・2020年7月、白老アイヌ協会が販売したアイヌ神話をモチーフとした3種類の菓子の1種。
 ・通販は行わず、アイヌ文化発信拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)内の売店か、白老駅近くにある観光インフォメーションセンターのみで販売している。
 オフショット
大ぶりなサブレが5枚入り。 コタンコロカムイはアイヌの守り神。
.
 とりさんクッキー ヨゲンノトリ
 DATA
名 称 とりさんクッキー ヨゲンノトリ
(とりさんくっきー よげんのとり)
出身地 三重県桑名市
モデル ヨゲンノトリ
通 販 不可
販売元 いきものクッキー専門店 kurimaro collection
【生産終了】
 特徴・エピソードなど
 ・ヨゲンノトリをモチーフとしたデザインクッキー。
 ・2020年4月頃にアマビエと共に店頭で発見されている。
 ・販売元は2016年7月開店のクッキー専門店。主に動物や鳥、魚のデザインクッキーを製造している。
 ・その種類も多く見た目もかわいらしいので、食べるのがもったいない。
 ・2021年4月9日新店舗オープンに伴い、店名が「プレゼントクッキーのkurimaro」から「いきものクッキー専門店 kurimaro collection」に変更した。
 オフショット
主に動物のデザインクッキーを製造。
.
 ヨゲンノトリクッキー(チャリンコ)
 DATA
名 称 ヨゲンノトリクッキー
(よげんのとりくっきー)
出身地 神奈川県相模原市中央区
モデル ヨゲンノトリ
通 販 不可
販売元 パティスリーチャリンコ
 特徴・エピソードなど
 ・相模原市上溝にある洋菓子店で売られているヨゲンノトリ型クッキー。
 ・素朴な型抜きクッキー。
 オフショット
パティスリーチャリンコ。
.
 仏像どうぶつクッキー とり
 DATA
名 称 仏像どうぶつクッキー とり
(ぶつぞうどうぶつくっきー とり)
出身地 三重県桑名市
モデル とり
通 販 不可
販売元 いきものクッキー専門店 kurimaro collection
【生産終了】
 特徴・エピソードなど
 ・桑名市にある焼菓子工房で作られた鳥の仏像型のクッキー。
 ・イラストレーター・田中ひろみ氏が描いた仏像どうぶつをモチーフにクッキーを作成、7枚セットでネットにて限定販売した。
 ・セット内容はうさぎ2種、ねこ、とり、パンダ、いぬ、耳垂れいぬの7枚。
 ・味はカボチャ味。
 オフショット
主に動物のデザインクッキーを製造。 7枚セット(第1弾)。
.
 仏像どうぶつクッキー ペンギン
 DATA
名 称 仏像どうぶつクッキー ペンギン
(ぶつぞうどうぶつくっきー ぺんぎん)
出身地 三重県桑名市
モデル ペンギン
通 販 不可
販売元 いきものクッキー専門店 kurimaro collection
【生産終了】
 特徴・エピソードなど
 ・桑名市にある焼菓子工房で作られたペンギンの仏像型のクッキー。
 ・イラストレーター・田中ひろみ氏が描いた仏像どうぶつをモチーフにクッキーを作成、7枚セットでネットにて限定販売した。
 ・セット内容はぶた、ぞう、かえる、くま、りす、コアラ、ペンギンの7枚。
 ・味はブラックココア味。
 オフショット
主に動物のデザインクッキーを製造。 7枚セット(第2弾)。